読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うな(。・ε・。)

Android, iOS, AppEngine まわりのめもめも

時間ないけどスプラトゥーンで S+ になる

仕事しながらスプラトゥーンで S+ になるための戦術とか語ります。

ちなみにゲームは好きですがそんなに得意ではありません。FPS は本格的にやったことがありませんし、スプラトゥーンの開発陣が影響を受けたであろうゲーム「ボーダーブレイク」の最高ランクは S1 です。(中くらいのランク)

S+ になってからのランクポイントは 30 付近をうろうろしており、カンストに届く気配はありません。その程度のぱんぴーがとりあえず S+ になるための戦術とかを語ってみようと思います。

ブキはシューターを前提としています。

高ランクになるために大事なこと

  1. AIM と戦闘
  2. 位置取り
  3. 使うブキ

いろいろ大事なことはあると思いますが、上に挙げた三点が最も重視すべきことといえます。

AIM と戦闘

AIM は大事です。AIM がよほど悪ければ完璧に後ろをとっても勝てません。練習しましょう。

といっても超絶 AIM をする必要はなく、自分のブキの射程内で静止した相手にちゃんと当たっていれば十分です。高速で動き回る相手に当て続けるほどの AIM はなくても大丈夫です。

うまく AIM するコツですが、ジャイロはかならず ON にします。ジャイロ無しできちんと AIM するのは難しいです。また、感度はマックスが望ましいです。感度マックスは難しそうに見えますが、マックスにしないと動かなさすぎて逆に難しいと思います。

右スティックで大まかに舵取り&狙いをつけ、Wii U コントローラーを膝で固定し手首だけで細かく動かすようにすれば安定した AIM がしやすいです。

方法さえ間違わなければ AIM はやっているうちになれます。

ジャンプ撃ち

スプラトゥーンでは横移動が遅く設定されています。代わりに、ジャンプ撃ちが強いです。

対面で 1:1 になったときは(特に近距離では)必ずジャンプしながら撃ちましょう。ジャンプボタンは連打するのではなく、しっかり押し続けることが大事です。 なぜ押し続けるかというと、ボタンを押している長さに応じてジャンプの最高高度が変わるからです。

ボタンを連打したときのジャンプは 0.3 キャラほどの高さしかありません。これでは胴体を狙った AIM に当たってしまい、意味をなしません。

ボタンをしっかり押し続けたときのジャンプは 1 キャラ近くの高さがあり、接地した状態のキャラを狙ったインクを完全に避けることができます。このとき AIM を下に調整すれば自分だけ相手を撃ち続けることができ、状況により無傷で敵を倒しきることすらできます。

裏や横から攻撃されたとき

反撃せず即座に逃げましょう。正面以外から撃たれた場合、勝つことは非常に困難です。必ず一旦逃げてから体制を立て直して反撃します。 追跡を防ぐにはボムを置いておくのがおすすめです。

ここで逃げきる確率を上げるために安全靴をはいておきましょう。

位置取り

位置取りは非常に大事です。大事なことは次の二点です。

  1. 相手の横から撃てる位置をとる
  2. 相手の復帰経路を塞ぐ。そのときは、塞ぐ経路を味方と被らないようにする。
  3. 相手の裏取りを防ぐためにマップをみる。

横から攻撃する

このゲームは接敵してから倒すまでの時間が比較的短いです。裏や横から敵を攻撃することが非常に重要です。 裏をとるのは時間がかかりすぎるし、更に裏をとられる危険性があるためむしろ上級者向けです。

横をとる戦術は壁を背にしやすいし、移動コストも低いので横をとる意識で戦闘に臨むのがいいです。

具体的には、敵の意識が味方に向いている間に横をとることが多いです。 味方のダイナモやシールド、スパショ、ボムラッシュ、ダイオウイカは非常に注意を引きやすいです。積極的に横からキルをとります。

具体的にどのようなケースで横がとれるのかは、さまざまな状況があると思います。あまり気構えず、正面から戦わず横から攻撃することを意識付けするだけで勝ちやすいと思います。

相手の復帰経路をふせぐ

ガチエリアなどでは相手の復帰を防ぐことが非常に大事です。

相手がエリアに復帰することができる経路は限られているので、前に陣取ってプレッシャーをかけるか、隠れてキルをとるなどして復帰を防ぎましょう。 味方と同じ経路をみていることがわかったら、違う経路をみるようにしましょう。

注意すべきことは裏取りです。このとき味方は復帰の妨害に注意が向いている場合が多く、一人に裏をとられるだけで全滅してしまうことも多々あります。

エリアなどで優位をとったときは裏取りを最大限警戒しましょう。

マップをみる

このゲームはマップをみることで敵の位置を知ることができます。

敵は自軍のインクを上を歩けませんので、必ずインクを上塗りしてから移動します。このとき色の塗り替わりが発生するので、マップを監視することで敵の移動をおおまかに知ることができます。

ずっと見ているのは難しいので、裏取りルートをたまに監視するくらいでも十分だと思います。 裏取りはマップをみて必ず防ぎましょう。

使うブキ

どのブキを使うかは非常に大事です。おすすめは .96ガロンデコです。

このブキは 2 発で敵を必殺できるうえ、射程が非常に長いです。また、サブのシールドは慣れていない敵相手には反則的に強さで、ほぼ初見殺しです。極め付けにはスペシャルのダイオウイカです。射程の長いブキを使うと接敵されたときに負けやすいですが、ダイオウを溜めておくだけで返り討ちにすることができます。(接敵した状態でダイオウイカを使うと、ラグの関係でほぼ必中です)

射程の長さ、シールド、ダイオウイカとデスしにくい要素が揃っているので、このブキを使うだけでキルデスがかなり改善されると思います。

単発が強いので積極的に攻めることもできるブキですが、どちらかといえば防御よりで、確実にキルをとっていくスタイルのほうが安定しやすいです。

シールドのつかいかた

キモはシールドです。シールドはうまく使えば前線維持、復帰支援、逃げ、攻めなど非常に多彩な戦術がとれます。

シールドにはさまざまな使い方がありますが、基本は接敵される前に置くこと、裏を取られたときはシールドを通り抜けること、通路の曲がり角は斜め設置をすることが重要です。

交戦地帯ではシールドを置くだけで敵が警戒してくれます。キルがとりにくくなりますが、味方の復帰時間を稼いだり、敵を後退させることで安全に前線維持をすることができます。

前線を維持することはスプラトゥーンにおいては重要です。なぜなら、エリア、ヤグラ、ホコすべてが前線を押し上げ、そのうえで敵の復帰を妨げて勝つゲームになっているからです。

キルをとるためのシールドもいいですが、前線を維持するための戦術的な設置を意識したほうが勝率も改善しやすいです。

ダイオウイカのつかいかた

ダイオウイカは非常に強力なスペシャルですが、強い状況は限られています。必ず使う状況は選びましょう。効果的なポイントは以下の通りです。

  1. 接敵されたとき、敵を返り討ちにするとき
  2. 複数敵の復帰阻止をするとき
  3. ヤグラなどで最後の押し込みをするとき
  4. 味方のシューターと一緒に攻め込むとき
接敵されたとき

勝てないことがわかったら即座に使いましょう。正直もったいないですが、デスするよりよっぽどましです。

せっかくのスペシャルを身を守るためだけに使ってしまうので、戦術的には効果が薄いです。

複数敵の復帰阻止をするとき

敵が 2,3 人で一気に復帰をしてきたときは、シールドで復帰経路を防ぐよりもダイオウイカで轢き殺したほうが強いです。

復帰を 2 人以上キルすることができれば、他の敵も数の差で倒しきることができます。すると合計で十数秒の間、敵を無防備にすることができ、この時間で試合が決まってしまうこともあります。

ヤグラなどで最後の押し込みをするとき

ダイオウイカを使うことで最後の数カウントを安全に押し切ることができます。自分が乗らなくても、ヤグラを狙っている敵を轢き殺したり、注意を引くだけでも十分強いです。

ホコでも同様です。

味方のシューターと一緒に攻め込むとき

ダイオウイカ単体では撃たれて押し返されるだけで、正直弱いです。ですが、味方にシューターがいれば一緒に攻め込むことでキルをとる&前線を押し上げることができます。

まとめ

.96 ガロンデコを使って物理で殴れば勝てる